ボウサイコンパス

ボウサイコンパス

手元のスマホが、災害時にたよれるアシスタントに


災害時に、お客様・従業員のために、準備をしませんか。

火災火災施設にとって、一刻を争う緊急事態である火災対応

mark火災現場で巻き起こる混乱

会社・ホテル等、群衆が集まる公共空間で火災が発生した場合、現場にはパニックが広がります。マニュアルはどこだ?マニュアルには何をするように書いてある?誰がどこの担当者で、次に何をしなければならないのか?言葉の壁がある外国人にはどう説明すれば良い?――激しい動揺と恐怖が広がる中で、「適切かつ瞬時に状況を見極め」「避難・誘導・指示等の対応を素早く行う」事が、本当に出来るでしょうか?
火災訓練

markスマホによる状況判断・行動支援

本アプリは、火災現場で適切な状況判断と行動支援を行う為の情報を、お手元のスマートフォンに提供致します。火災時において重要な「火災か誤報か」「火元箇所」「怪我人の有無」や、「スタッフ間の行動・経過」などの情報共有、「アクションカードの表示・音声アシスト」「クラウド経由・ICT技術活用による火災通知の自動一斉送信」などの行動支援を通じ、全ての関係者が冷静に考える・動ける環境を作り出します。
ボウサイコンパスイメージ

行動アプリ内容は、既存のものを踏まえながら、施設の担当者や防災コンサルタントとともに作成いたします。

水害水害近年、多発している豪雨災害への対応

mark火災現場で巻き起こる混乱

会社・ホテル等、群衆が集まる公共空間で火災が発生した場合、現場にはパニックが広がります。マニュアルはどこだ?マニュアルには何をするように書いてある?誰がどこの担当者で、次に何をしなければならないのか?言葉の壁がある外国人にはどう説明すれば良い?――激しい動揺と恐怖が広がる中で、「適切かつ瞬時に状況を見極め」「避難・誘導・指示等の対応を素早く行う」事が、本当に出来るでしょうか?
火災訓練

markスマホによる状況判断・行動支援

本アプリは、火災現場で適切な状況判断と行動支援を行う為の情報を、お手元のスマートフォンに提供致します。火災時において重要な「火災か誤報か」「火元箇所」「怪我人の有無」や、「スタッフ間の行動・経過」などの情報共有、「アクションカードの表示・音声アシスト」「クラウド経由・ICT技術活用による火災通知の自動一斉送信」などの行動支援を通じ、全ての関係者が冷静に考える・動ける環境を作り出します。
ボウサイコンパスイメージ

行動アプリ内容は、既存のものを踏まえながら、施設の担当者や防災コンサルタントとともに作成いたします。

日常日常のアナウンス

災害時以外でも、日常の館内情報、業務連絡、気象情報、防災訓練情報などもお手元のスマートフォンやタブレットにプッシュ通知が行えます。
通話用の電話や他のアプリと違った着信音を設定でき、差別化した通知が行えます。
通知内容は、管理画面から定型文や手入力などのプッシュ通知に加えて、マニュアルやチェックボックスなどを含めたマニュアルアプリとの連動も可能です。

日常

「ボウサイコンパス」に追加で欲しい機能などもアプリをカスタマイズ対応します。

利用者さんや社員さん使用するための避難用や災害対応など、用途に合わせてカスタマイズ対応も可能です。

「環境に則した」「真に役立つ」
災害時行動マニュアル(アクションカード)の作成

災害時行動マニュアル(アクションカード)は、災害時行動における基点となるものです。弊社提携の防災専門コンサルタントが、お客様の地理条件・建築構造・現場状況等のあらゆる角度から災害行動を策定し、適切な災害時行動マニュアルを作成致します。

防災アドバイザーのご紹介

ADI研究所

代表:伊永勉氏

阪神・淡路大震災における官民連携の実践から、我国初の民間災害研究機関を創設し、以来27回に及ぶ国内外の被災地支援に従事。東日本大震災では内閣府のアドバイザーを勤め、消防大学や市町村職員中央研修所の講師を始め、約2,900回の防災講演・研修・訓練等の企画運営を行い、政府の国土強靭化懇談会の有識者参加、月刊誌公論への連載、関経連等経済界や、福祉事業者への研修等、災害への備えを目的とした啓発活動を展開しています。


ニチボウ


リタテクニカ

代表:高島氏

大阪府の道路行政において防災工事・災害復旧工事・国際文化公園都市(彩都)のプロジェクトに従事。
現在は、火災を中心にコンサルタント活動を展開している。

導入プラン

ボウサイコンパスには、様々な導入セットがあります。目的に応じてお選びいただけます。

PLAN A 火災ICTユニット+ボウサイマニュアルアプリ
製品導入費 + 月額データ使用費※月額利用料はご利用される人数で変化します。

  • ▶ 災害情報のプッシュ通知:ICTユニットから災害情報を自動でプッシュ通知
  • ▶ 施設のマニュアル、画像情報(避難経路図、災害位置、写真など) チェックボックスなど
  • ▶ タスク情報の共有、各自の行動共有
PLAN B ボウサイマニュアルアプリ
製品導入費 + 月額データ使用費※月額利用料はご利用される人数で変化します。

  • ▶ 災害情報のプッシュ通知:水害 気象情報、河川の水位情報の自動プッシュ通知 火災 手入力による一斉配信
  • ▶ 施設のマニュアル、画像情報(避難経路図、災害位置、写真など) チェックボックスなど
  • ▶ タスク情報の共有、各自の行動共有
PLAN C 火災ICTユニット+通知アプリ
製品導入費 + 月額データ使用費※月額利用料はご利用される人数で変化します。

  • ▶ 災害情報を遠隔でプッシュ通知のみを、受信できるシステム。シンプルに災害の通知が届きます。
PLAN D 簡易ボウサイマニュアルアプリ
製品導入費

  • ▶ スマホマニュアルのみ、アクションカードの電子化。